腸内環境に良い物を2つ以上混ぜても良いのか

腸内環境に良い物を2つ以上混ぜても良いのか

お腹の中の環境を整えてくれる食材には、色々な物があります。まずヨーグルトなどは非常に有名ですね。あの中にはビフィズス菌が沢山入っているのですが、それがお腹の環境を整えてくれるという話はとても有名でしょう。
それと、青汁なども大きな効果が見込めると言われています。あれは野菜類などが粉状になっているのですが、食物繊維を豊富に摂取できるメリットがあります。そしてお腹の環境を整えるためには、食物繊維はとても大切なのですね。いわゆるデトックスが促進されやすくなりますので、青汁を摂取している方々などは、お通じが良くなっている事も非常に多いです。

 

複数の食材の組み合わせに関する懸念点

 

ところで人によっては、ちょっと組み合わせを心配している事があります。いわゆる食い合わせや飲みあわせという表現がありますが、食材の組み合わせ次第ではネガティブな事になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。
代表的なものの1つは、痛み止めですね。何らかの病気になってしまって、痛みを伴っているとします。その時には、たいてい薬局から痛み止め薬が処方されるのですね。

 

ところが鎮痛剤は、別の薬とバッティングするケースが非常に多いです。組み合わせ次第では、かなり重大な副作用が発生する事もあります。ですので鎮痛剤を用いる時には、薬剤師などによく相談する方が良いのですね。
そのような話を聞きますと、ちょっと青汁とヨーグルトのバッティングが心配かもしれません。もしくは乳酸菌同士のバッティングも、懸念されるのではないでしょうか。複数のサプリメントを併用しても問題無いかどうかという疑問も、たまに聞きます。

 

乳酸菌は混ぜても特に問題無い

 

結論から申し上げれば、青汁とヨーグルトは混ぜても問題ありません。というよりも、むしろ混ぜる方が良いでしょう。
青汁の場合、残念ながらちょっと苦味を伴うことがあります。その逆にヨーグルトの場合は、ちょっとまろやかな風味がありますね。ですので青汁を摂取している方は、ヨーグルトとミックスしているケースもしばしばあります。それで腸内環境が大きく改善されている事例も見られるので、その2つを混ぜる分には特に問題無いですね。

 

それとサプリメント同士も同様です。そもそもサプリというのは、ほとんど副作用はないですね。上記の鎮痛剤はかなりの副作用が懸念されるものもあるのですが、サプリは極めてマイルドなものになります。
つまり青汁や乳酸菌などの商品は、特にバッティングを懸念する必要は無いと考えて良いでしょう。ただどうしても心配なのであれば、栄養士や薬剤師など専門的な職業の方に相談するのが無難ではあります。

 

参考サイト様@植物性乳酸菌、はじめましょう